かけこみ_ico

橋本治のかけこみ人生相談 キャリア編

顔見知りにはなかなか言えない深い悩みに、人生の達人・橋本治がズバリお答え。

相談者も気づいていない煩悶の大モトと、その解決法が見えたとき、新境地へ踏み出す勇気が湧いてくる!

壁にぶつかる人生も、たまには悪くないのかも。

*   *   *

目次

◆「中学で不登校に。人生が終わってしまいました」
 回答「あなたが勝手に「終わった」とされた場所で確認すべきことがあります」

◆「農家を継ぎましたが、外でバリバリ働きたい気持ちも」
 回答「その迷いは“親の手伝い”というポジションからくるのでは」

◆「転職活動中ですが、家族の経済状況が悪化し私の支えが必要に。でも自分のしたいことも諦めたくありません」
 回答「あなたに必要なのは〈転職〉よりも、ご自身のあり方に誇りを持つこと」

◆「43歳無職の弟。職探しをする気配もなく、家族で持て余しています」
 回答「弟さんに手紙を書かれては。ただ、『このままではだめになる』は禁句です」

◆「子供が3人いて夫婦共働き。資格もとらずダラダラ太って過ごす自分に嫌気が」
 回答「ご自分のいい加減さは美徳でもあるとお考えになった方がいいと思います」

◆「中卒ですが高卒と偽りながら職を転々。子供に胸を張って学歴を語れず情けない」
 回答「お子さんに語るべきは学歴じゃなく、あなたの人生、そのリアリティです」


◆「中学で不登校に。人生が終わってしまいました」
 回答「あなたが勝手に「終わった」とされた場所で確認すべきことがあります」

◎とろり さん(無職・35才・女性・岡山県)からのご相談

 中学の時不登校になり、人生が終わってしましました。

 進学ができなかったので、就職はできないし、どうしたらいいのかわからない状態が続いています。

 家族は元々DVの家庭で、兄弟からコントロールされて育っていますので、私自身、主体性がなく、何をしたらいいのかわからないです。もとは絵が得意で音楽が好きだったりしますが、この歳でどうしようもありません。

 人前で目立つのが好きですが、容姿もそれほど良くないので、出たくありません。注目されるくらいキレイなら外に出たくなるので、整形しようか? とずっと迷っていますが、まわりの反応や身体のことを考えて、まだしておりません。

 誘いがあえば遊びに行きますが、あとは家にいてネットをやっているくらいです。

 このまま歳をとるだけなのが、こわいです。何から始めたらいいのでしょうか?


◎お答えします

「何から始めたらいいのでしょうか?」とおっしゃるので申しますが、まずあなたのなさるべきことは、二十年以上前に不登校になって終わったままの中学校へ行って、「私はこの中学校を卒業したことになっているのでしょうか?」という確認をなさることです。

この続きをみるには

この続き:14,595文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

「中学で不登校に。人生が終わってしまいました」 「母親に逆らわず育ちました。年に一度でも実家に帰省するのが憂鬱です」 「痩せてニキビ面...

または、記事単体で購入する

橋本治のかけこみ人生相談 キャリア編

幻冬舎plus+

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

幻冬舎plus+

幻冬舎発のオリジナル電子書籍レーベルです。隠れた名作、新しい作家、才気あふれる表現。紙の本では読むことのできない作品をお届けします。作品リストはこちら→ https://www.gentosha.co.jp/t/plusplus/

橋本治『橋本治のかけこみ人生相談』

「中学で不登校に。人生が終わってしまいました」 「母親に逆らわず育ちました。年に一度でも実家に帰省するのが憂鬱です」 「痩せてニキビ面で禿げているので上司に好かれず、安月給です」 ――顔見知りにはなかなか言えない深い悩みに、人生の達人・橋本治がズバリお答え。 相談者も気づい...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。